2018/11/08 【経済・統計】 中国著作権管理協会、カラオケ業者に楽曲6609件の削除要請

 中国民政部に登録された国内唯一の音楽・映像作品著作権管理団体「中国音像著作権集体管理協会」がこのほど、カラオケ設備メーカーやカラオケ業者に対し、同協会の管理対象でないカラオケ作品6609曲について、10月31日までに楽曲リストから削除するよう求める声明を発表した。6609曲の中にはヒット曲も数多く、中国のカラオケ業界に与える影響は大きいとみられる。央広網が7日付で伝えた。
 この声明の意図について、同協会は「対象とした曲は協会の管理の範囲内にないため、使用を続ける場合にはカラオケメーカーや業者が個々の著作権者と使用について交渉する必要がある。個々の交渉は現実的ではないため、削除を求めた」と説明した。
 同協会には大手レコード会社のユニバーサル、ソニーミュージック、ワーナー、ロックレコードなどが加盟しており、協会は15万曲以上の著作権管理を代行している。協会によると削除を求められた6609曲のうち3000〜4000曲はもともと管理対象だったが、同協会から支払われる著作権料が少ないことなどを理由に著作権者が退会。管理対象から除外された経緯がある。支払額を巡って、同協会に損害賠償を求めている著作権者もいるとされる。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved