2018/11/08 【経済・統計】 中国:農村部のネット小売販売4割増、17年は20.4兆円

 中国の農村部でインターネット販売市場が急成長している。中国国際電子商取引(EC)センター研究院がまとめた「中国農村部EC産業リポート」によれば、農村部のインターネット小売販売額は2017年に1兆人民元(約16兆4000億円)の大台を突破。同額は前年比39.1%増の1兆2448億8000万人民元(約20兆4194億円)に達した。工人日報が7日付で伝えた。
 農村部のEC産業発展には、阿里巴巴(アリババ)傘下の淘宝網が農業従事者と共同で構築した支援システムが大きく貢献している。販売サイトは農産物や農業資材、観光サービスなどを取り扱うことが多く、こうした商品の販路はECによって大幅に拡大している。農産物のEC販売額は17年に3000億人民元を超え、関連の就業者数は2800万人以上に増えたという。
 現在、中国の14省で農業関連のECに関する試験的取り組みが行われている。農村部を中心に分布する貧困地域への支援策の一環ともなっており、国家級貧困県でEC産業支援を行う地域は428カ所となった。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved