2018/12/03 【経済・統計】 中国:住宅内装のネット注文業者、価格競争で倒産相次ぐ

 中国で今年に入り、インターネットで住宅内装の注文を受け付ける業者の倒産が相次いでいる。「一号家居網」「我愛我家網」「泥巴公社」など大手業者の倒産も目立つ。
 住宅内装のネット注文業を巡っては、内装業の新しい形態として、ここ数年で需要が拡大。多くの顧客を集めたものの、競争激化によって、大幅な値引きを余儀なくされ、経営状況が悪化した格好だ。南方日報が11月30日付で伝えた。
 足元でも上海の業界大手サイト「優居客」が運営する上海歓居信息技術が11月26日、経営状況の悪化を受けて、会社の清算手続きに入ると発表したばかり。同社は2013年に創業。これまでに92万9574件の内装を扱った大手だが、ここ1カ月ほどネット上で「内装業者に代金を支払っていない」といった情報が浮上していた。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved