2018/12/04 【社会】 中国:中東部で今年最大最長の大気汚染、PM2.5濃度も上昇

 中国の生態環境部は3日、国内中部と東部の広い地域で大気汚染が悪化していることを明らかにした。今年に入り最も広範囲で、最も長期間にわたる汚染だという。複数メディアが伝えた。
 同部によると、京津冀(北京・天津・河北)、長江デルタ、湖北、湖南などの各地で、濃霧に加えて黄砂の滞留によって大気汚染が持続。62都市で大気汚染物質の平均濃度が「重度」以上となっている。うち京津冀エリアと周辺41都市では、PM2.5(微小粒子状物質)の平均濃度が「重度」以上に上昇した。
 中国では11月下旬、甘粛省などの北部で大規模な黄砂が発生。京津冀エリアでもPM10の濃度が上昇するなど、各地に影響を及ぼしている。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved