2018/12/06 【政策・政治】 中国:再生可能エネの送電網接続を推進、3カ年の目標提示

 中国は再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)の送電網接続を一段と推進する。送電網や系統連係の問題から発電設備の稼働を停止し、送電量を制限する「棄風限電」「棄光限電」「棄水限電」問題の改善に注力。2020年までに課題を解決するという目標が掲げられた。
 国家発展改革委員会、国家能源局は連名で「清潔能源消納行動計画2018〜20年」をこのほど公布。クリーン電源の産業規模は大型化し、技術レベルも向上しているものの、矛盾点は依然として多いとする見方を示した。
 その上で具体的な目標を提示し、2018年は風力発電電力を浪費する「棄風」の比率を12%以下(努力目標10%以下)、太陽光発電電力を浪費する「棄光」の比率を5%以下、水力発電電力を浪費する「棄水」の比率を5%以下に抑えるよう求めた。
 19年については、「棄風」比率の10%以下(努力目標8%以下)、「棄光」「棄水」比率の5%以下を目指す。最終の20年は、「棄風」「棄光」「棄水」の比率をそろって5%以下に抑制。世界先進レベルの到達を想定する。水力、風力、太陽光など再生可能エネルギー発電向け送電線の整備を急ぐ構えだ。
 中国の電力ロス問題は、再生可能エネルギー発電が盛んな西南、西北エリアで特に深刻。超高圧送電線の整備が遅延している上に、地域間で電力を融通するための制度改革も難航しているという。こうしたなか、東部沿海地域は電力の不足時、既存の石炭火力発電に頼らざるを得ない状況だ。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved