2019/01/09 【経済・統計】 中国:ウェブ・防犯カメラの安全問題、廉価製品で深刻

 中国国内で近年、急速に普及したウェブカメラ、防犯カメラを巡って、セキュリティー上の問題が2017年以降、急増していることが分かった。ネットワークセキュリティー企業の北京華順信安科技による最新リポートによれば、同社が把握した安全性に係る問題は18年1〜11月に221件に上り、すでに前年の186件を上回っている。経済日報が8日付で伝えた。
 中国ではここ数年、街頭や病院、銀行、企業、家庭などでウェブカメラ、監視カメラなどの設置が加速している。その一方で、廉価な製品の多くがセキュリティー対策を充分にとっておらず、個人情報の流出やアカウントの乗っ取りで不正に遠隔操作されるケースが後を絶たない。専門家は「安全性を高めるため、国と企業、個人が協力する形でリスク測定や業界基準の策定を進めていく必要がある」と指摘した。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved