2019/02/04 【経済・統計】 中国:春節帰省スタイル、レンタカーと公共交通の併用が人気

 中国本土で春節休暇の帰省に、レンタカーを公共交通機関と組み合わせて利用する人が増えている。その背景には、これまでマイカーで2〜3日かけて帰省していた人が、最寄りの駅や空港まで公共交通機関を使い、そこから実家までレンタカーを利用する人が増えていることがある。また所得が増えたことで、疲労の多いマイカーでの長時間運転を避けるようになったことも挙げられる。長沙晩報が1日付けで伝えた。
 利用者の増加に伴って、レンタル料も急騰している。これまでは1日100人民元が相場だったのが300人民元と3倍に値上がりしている。利用最低期間も10日以上が珍しくなく、中には15日以上としている業者もある。
 半面、悪徳業者のトラブルも報告されている。レンタカーが法定の諸手続きがなされていなかったり、故障が隠されていることがあり、交通事故などを起こした場合の修理費や責任処理でトラブルが発生する。このため正規の業者を利用することが重要という。


亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved