2019/03/06 【経済・統計】 中国:共用オフィスの時間貸し、フリーランスに人気

 中国のコワーキングスペース(共用オフィス)市場でこのところ、一時利用(時間貸し)の需要が拡大している。長期契約ではなく、必要に応じて、時間単位でスペースを借りるスタイルだ。料金も比較的安いプランが各種用意されている。中国青年報が5日付で伝えた。
 フリーランスや起業準備中、業務上で移動が多い人の利用が目立つ。上海市中心部のあるコワーキングスペースの場合、1日当たりの利用料金はキャンペーン価格で39.9人民元(約664円)。米コワーキングスペース大手で上海市に18カ所のオフィスを持つWeWorkの場合は非会員向けの料金が1時間15人民元で、無料のコーヒーが付く。
 市場調査会社の艾媒諮詢によると、2018年6月末に中国国内でコワーキングオフィスのサービスを提供する業者は300社以上、オフィスの数は6000カ所を超え、収容可能人数は200万人だった。2020年には中国の大都市にある高級オフィスの約30%に、コワーキングオフィスを含むフレキシブルオフィスのスペースが設けられるとの予測もある。

亜州ビジネス 中国産業データ&リポート
Ashu IR Inc. All Rights Reserved