詳細
検索
期間

  ニュース     2020/09/18 18:59

中国:上海臨港新片区がAIチップ企業誘致、投資額465億円 無料記事

【亜州ビジネス編集部】 上海自由貿易試験区(上海自貿区)の臨港新片区が半導体企業を新たに誘致した。 ハイエンド集積回路(IC)設計の地平線(上海)人工智能技術有限公司は16日、国際創新協同区に進出することで臨港新片区・管理委員会と覚書を締結。総額30億人民元(約465億円)の現地投資を実施することなどで合意している。同委員会が17日に報告した。
 車載用のAI半導体チップ開発に乗り出す。向こう2年をめどに、自動車100万台以上に搭載可能な量のICを出荷する計画だ。スマートカーの関連企業が集積する上海市を進出先に選定したという。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース