詳細
検索
期間

  ニュース     2020/09/18 19:57

長城汽車傘下の諾博汽車系統、ドイツ車部品工場を買収 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】長城汽車(2333/HK)がドイツの自動車部品工場を買収したもようだ。全額出資の諾博汽車系統有限公司を通じ、モータス・ヘッドライナーの工場全権益を1600万ユーロ(約19億9000万円)で購入したという。今年初めから買収交渉に着手していたとされる。北京商報が17日、消息筋情報として伝えた。
 モータス・ヘッドライナーは米国企業モータス・インテグレーテッド・テクノロジーズの全額出資で発足した。自働車の内装製品の生産を手掛けている。ダイムラー、ゼネラルモーターズ(GM)、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)、グループPSAなどと取引関係を築いた。今後は諾博汽車の世界10カ所目の工場となる。
 ピックアップトラック、SUV大手メーカーの長城汽車は、河北省保定市の政府工場をオーナーの魏董事長が買い取り、成長させた。「哈弗」ブランドのSUVが主力。年産能力は124万台(2019年末)。市場シェアは、ピックアップトラック、SUVで国内首位に付ける。輸出にも注力。東欧や中東、中南米など新興国を中心に幅広く出荷している。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース