詳細
検索
期間

  ニュース     2020/09/18 19:59

中国:華為に出資観測、NEV長安蔚来に資本参加か 無料記事

【亜州ビジネス編集部】 通信機器メーカー中国最大手の華為技術(ファーウェイ)が足元で、新エネルギー車(NEV)メーカーの長安蔚来新能源汽車科技有限公司に資本参加するとの観測が浮上している。毎日経済新聞など複数の中国メディアが18日付で報じた。消息筋情報によると、必ずしもファーウェイによる直接出資ではなく、グループ傘下のファンドを通じた投資になる可能性があるという。
 一方、同観測について、長安蔚来の親会社である重慶長安汽車(チョンチン・チャンアン・オートモービル:200625/SZ)の関係者は「何も把握していない」と毎日経済新聞にコメント。「ファーウェイと重慶長安汽車はインテリジェント分野で提携関係を強化しているものの、ファーウェイによる長安蔚来への出資は聞き及んでいない」と述べた。
 長安蔚来は2018年10月、新興EVメーカーの上海蔚来汽車有限公司(NIO)と重慶長安汽車が折半出資で設立した。20年6月末までに重慶長安汽車が出資比率を50→95.38%に引き上げ、連結対象に組み入れている。上海蔚来汽車の長安蔚来に対する出資比率は4.62%に低下した。
 長安蔚来を巡っては、設立から2年余り経過しているものの、明確な製品計画や戦略スタンスが発表されておらず、設立当初の「2020年に生産体制に入る」という目標も達成されていない。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース