詳細
検索
期間

  ニュース     2021/06/10 19:01

第1四半期も半導体の急成長持続、中国IC産業売上高18%増 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】中国の半導体産業が急ピッチな伸びを記録している。2016〜20年にかけた第13次5カ年計画期間では、年率平均20%近くのピッチで拡大が持続した。世界半導体産業の4倍に相当する高い成長を記録している。工業情報化部・電子情報司の喬躍山・司長が9日の「2021世界半導体大会」で語った内容として、中国新聞網が伝えた。
 不確実性が増しているものの、高成長を続けるために世界との連携をさらに推進しなければならないと訴えている。世界の半導体産業は、足元で重大な調整期を迎えていると指摘。国際貿易の複雑な形成も、中国の半導体産業にリスクをもたらしているとの認識を示した。
 また、中国は資源、市場、資金、技術、人材の各面で国際協力が可能と発言。川上産業と川下産業を網羅した中国半導体産業は、国際的に不可欠な一部をすでに形成するに至ったと強調した。
 5G通信、クラウド・コンピューティング、IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)、スマートコネクテッドカーなど各領域の主導で、中国と世界の半導体需要は膨らんでいるとコメント。第14次5カ年計画最初の21年を迎えるなか、IC産業振興策の継続、資源の適正配分、各産業チェーンの開放・外部提携を通じ、業界の経営環境を安定化させる方針を明らかにした。
 中国半導体行業協会の統計によると、今年第1四半期の中国IC産業売上高は、1739億3000万人民元(約2兆9800億円)に上る。前年同期比で18.1%の高成長を達成した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース