詳細
検索
期間

  ニュース     2021/04/30 19:00

中国:人民銀がネット13社に行政指導、テンセントなど対象 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】中国人民銀行(中央銀行)は4月29日、国内のインターネットプラットフォーム企業13社に対し、行政指導を行ったと発表した。一部のネット企業が未許可のまま、または許可の範囲を超えて金融業務を行っていると指摘。また、不公正な競争、消費者の利益を損なう行為など、規則違反が広く認められるとして是正を求めた。
 人民銀は今回、中国銀行保険監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、国家外貨管理局と共同で行政指導を実施。対象となった13社には、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)、京東集団(JDドットコム:9618/HK)傘下の京東金融、美団(メイトゥアン:3690/HK)傘下の美団金融、中国平安保険(2318/HK)傘下の陸金所、国美電器HD(493/HK)傘下の国美金融、北京字節跳動科技(バイトダンス)などが含まれる。
 人民銀はこれら13社に対し、◆金融業務を行う際には許可を得て金融当局の監督・管理を受けること、◆決済サービスと金融商品を不当な紐づけを行わないこと、◆個人情報を独占しないこと――などを求めた。
 人民銀は4月半ば、阿里巴巴集団HD(アリババ・グループ・ホールディング:9988/HK)傘下の金融サービス会社、マ蟻集団(アント・グループ)に対しても行政指導を実施。決済業務における不当競争行為を是正することなど、5項目の要求を行った。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース