詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2023/01/20 13:50

中国:発熱・急患・重症ピーク去る、衛生健康委が宣言 無料記事

 国家衛生健康委員会・医療応急局の郭燕紅・局長は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況について、中国各地で「発熱外来の患者数」「救急患者数」「重症患者数」の3つのピークが過ぎ去ったと宣言した。医療機関は通常の診療体制を徐々に回復しているという。中国新聞網が伝えた。
 郭局長によると、発熱外来の患者数は昨年12月23日、救急患者数は1月2日、コロナの重症患者数は1月5日にそれぞれピークを迎えた。その後、1月17日までに発熱外来の患者数は94%、救急患者は44%、重症患者数は44.3%減少した。
 各省の医療機関では17日時点で、コロナ以外の患者が外来部門で99.5%、入院患者で85%を占めている。
 ただ、海外では中国の発表に疑問の声も多い。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米ウォルター・リード陸軍研究所の林暁旭・博士は、中国当局のピークアウト宣言について「春節(旧正月)連休を前に、政治的な必要から行われた」と指摘している。春節の帰省ラッシュが始まる中、中国の農村部で感染者が増加すると林氏は予測。「大都市でも感染のピークが明らかに過ぎ去ったと言えない」と指摘した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース