詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2023/01/18 13:41

ロシアで中国製品人気、23年新車販売30万台に拡大へ 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】ロシアで中国製品の人気が一段と高まっている。ロシア全体の新車販売は、2022年通年で前年比58.8%減の概算68万7400台まで落ち込んだものの、中国ブランドに限っては好調を持続した。ロシア新車市場の中国車販売額シェアは、21年の9%から22年の37%に28ポイントの拡大を記録している。毎日経済新聞が18日、外電情報として伝えた。
 複数の統計を複合したところ、中国メーカーの22年ロシア新車販売は12万3500台に上る。中国車の販売価格は前年比で53〜73%も上昇した。主要中国ブランドのロシア新車販売は、「奇瑞」が現地5位(3万9500台)に食い込んでいる。「哈弗」は6位、「吉利」は8位、奇瑞傘下「星途」は13位、「長安」は19位にランクインした。
 22年の9月だけでも、ロシアは中国ブランドの新車1万2400台を購入したとされる。総額で359億ルーブル(約819億円)に達し、9月のロシア新車購入額全体の38%を占めた。この背景には、新型コロナウイルス感染症の拡大、地政学的な緊張、欧米や日本勢の市場退出・現地工場閉鎖などがあるという。
 一方、21年から22年にかけた販売額シェアは、中国勢を除いて軒並み縮小した。韓国勢は28.3→11.2%、欧州勢は28.3→7.3%、日本勢は17.9→6.6%、米国勢は1.1→0.9%にまで低下している。
 23年の見通し関しても、中国勢にとって明るい予想が多い。中国勢のロシア新車販売は、さらに30万台まで拡大すると予想されている。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース