詳細
検索
期間

  ニュース     2020/02/19 18:59

中国:20年「春運」が終了、新型肺炎で旅客14.8億人に半減 無料記事

春節(旧正月)前後の特別輸送態勢「春運」期間(1月10日〜2月18日の40日間)が18日に終了した。交通運輸部によると、「春運」期間中の旅客輸送数は前年同期比50.3%減の延べ14億8000万人。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事前予想(約30億人)を大幅に下回る結果となった。複数メディアが19日に伝えた。
 交通手段別では、鉄道が47.3%減の2億1000万人、道路(自動車)が50.8%減の12億1100万人、海運・水運が58.6%減の1689万人、航空が47.5%減の3839万人と軒並み大幅に落ち込んだ。
 例年なら「春運」の時期は鉄道や旅客機などが帰省ラッシュのための特別輸送態勢に移行し、列車などが増便される。しかし、今年は新型肺炎の拡大を受け、最も状況が深刻な湖北省武漢市やその周辺都市が封鎖状態にあるほか、北京や上海など主要各市でも長距離バスの運行が停止された。交通運輸部の劉小明副部長によると、春節前の1月10〜24日は旅客輸送数が前年同期比2.0%増の延べ11億4300万人で推移していたが、1月25日〜2月14日は同82.3%減の2億8300万人に縮小したという。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース