詳細
検索
期間

  ニュース     2019/12/11 18:59

中国:11月スマホ出荷がプラス成長回復、5G端末は前月比2倍 無料記事

 第5世代(5G)サービス対応端末が販売を伸ばす中、中国でスマートフォンの出荷数が増加に転じている。携帯電話機の国内出荷数は今年11月に前年同月比1.5%減の3484万2000台に縮んだが、うちスマートフォンは0.2%増の3336万7000台と小幅ながらプラスに転じた。5G端末の出荷数は507万4000台と、前月の2倍に膨らんでいる。工業情報化部の直属機関、中国信息通信研究院が11日に報告した。
 携帯電話機の出荷数は全体で6カ月連続のマイナス成長となったものの、減少率(1.5%減)は前月の6.7%から5.2ポイント縮小した。また、スマホ出荷数は6カ月ぶりの増加に転じている。5G対応端末が投入される中、携帯電話機市場は4Gからの移行の過渡期に突入。種類別では、2G端末の出荷数が146万9000台、4G端末が2829万9000台、5G端末が507万4000台となった。5G端末の出荷データは今年8月から公表が始まっており、8月は21万9000台、9月は49万7000台、10月は249万4000台と推移している。
 ブランド別では、国産ブランド携帯電話機の出荷数が2.7%増の3138万5000台(構成比90.1%)に伸び、プラス成長を回復した(10月は6.1%減)。また、11月は新たに56モデルが発売され、その数は前年同期から43.6%増加している。56モデルのうち、2G端末が21種、4G端末が31種、5G端末が4種。5G端末の発売モデル数は10月の2種から増加した。
 1〜11月の累計では、携帯電話機全体の出荷数が5.4%減の3億5800万台。うちスマホが3.8%減の3億4300万台だった。種類別では、2G端末が1467万台、3G端末が5万8000台、4G端末が3億3500万台、5G端末が835万5000台となっている。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース