詳細
検索
期間

  ニュース     2022/05/20 18:00

21年の中国半導体市場1865億米ドル、国内シェア6.6%どまり 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】2021年の中国半導体企業の生産額は123億米ドル(約1兆5720億円)で、中国半導体業界全体の生産額312億米ドルの39.4%を占めた。生産額の残りの60.6%は台湾積体電路製造(TSMC:2330/TW)、聯華電子(UMC:2303/TW)、SKハイニックス、サムスン電子、インテル(INTC/NASDQ)などの海外企業が占めている。中国企業の生産額は、21年の中国半導体市場1865億米ドルの6.6%にすぎない。ICインサイツの最新リポート内容として、電子工程専輯が20日報じた。
 中国半導体企業の生産額123億米ドルのうち、22%に当たる27億米ドルはIDM(垂直統合型デバイスメーカー)、78%相当の96億米ドルは中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)などファウンドリという内訳だ。
 21年の世界全体の半導体市場規模は5105億米ドルで、中国市場は36.5%を占めた。中国半導体業界(海外企業を含む)の世界市場に対するシェアは6.1%。中国企業に限ればわずか2.4%だった。
 中国半導体企業は21年、生産量ベースでは中国市場全体の16.7%を占めた。10年前の11年の12.7%から4.0ポイント向上した。5年後の26年には21.2%へと4.5ポイントの上昇が予測される。
 中国半導体業界の生産額は26年に582億米ドルへと、21年比で46.4%成長する見通しだ。その時点でも世界市場(7177億米ドルを予測)に占める割合は8.1%にすぎないとみられるという。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース