詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2022/11/22 11:25

中国:ペット産業16兆円規模へ、課題は獣医育成 無料記事

 市場調査会社の艾媒諮詢(iiMedia Research)は最新リポートで、中国ペット市場の規模が2025年に8114億人民元(約16兆円)に達するとの見通しを示した。22年は前年比25.2%増の4936億人民元となる見込み。ただ、獣医の不足が目先の課題で、将来的に36万8000人の獣医が必要になると試算している。中国青年報が21日付で伝えた。
 リポートによると、中国のペット業界では人材需要が拡大している。中でも獣医は今後、36万8000人必要となる見通しだ。20年時点で獣医資格を保有する人材は14万2910人しかおらず、その育成が大きな課題となっている。
 こうした中、中国の多くの大学では動物医学、ペット医学などの専攻を開設する動きが見られる。企業と協力し、ペット業界向けの人材育成を強化する大学もある。
 動物医学の専攻課程では、豚や牛、羊などの産業動物とペット動物を中心とした教育カリキュラムが組まれている。動物解剖学や生理学、薬理学などの科目を学び、最終的に内科や外科、産科など5つの専門科目をマスターしなければならないという。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース