詳細
検索
期間

  ニュース     2020/06/30 18:59

「シルク・ドゥ・ソレイユ」破産申請、復星国際など再生支援へ 無料記事

 カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が6月29日、破産手続きに入ったと発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で休演を強いられる中、経営困難に陥った格好。今年3月には団員の約95%を一時解雇すると発表している。同劇団に出資する中国民営コングロマリットの復星国際(656/HK)などが計3億米ドル(約320億円)を投じ、経営再建と興行再開を支援する。複数メディアが伝えた。
 復星国際は米投資会社のTPGキャピタル、カナダのケベック州貯蓄投資公庫と共同で3億米ドルを投じる方針。このほか、カナダ政府系のインベストメント・ケベックが同劇団に2億米ドルを融資する予定という。
 復星国際は、鉄鋼、不動産、医薬品を柱としていたが、近年はM&Aによる経営多角化を加速。特に保険、レジャー部門に力を入れる。各部門のうち、鉄鋼では南京鋼鉄聯合を主力とし、その傘下に南京鋼鉄(600282/SH)を置く。不動産開発は復地集団(旧2337/HK)、医薬品は上海復星医薬集団(2196/HK)が中核。ほかに薬品卸で中国最大手の国薬(1099/HK)、小売の豫園商城(600655/SH)、乳製品の北京三元食品(600429/SH)などにも出資する。18年3月には、アサヒから青島ビール(168/HK)株17.99%を取得した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース