詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2022/11/24 13:22

中国:ホンハイ鄭州工場で暴動、手当とコロナ対策に不満 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業(ホンハイ・プレシジョン・インダストリー:2317/TW)の河南省鄭州市の工場で22日夜から23日未明にかけ、手当と新型コロナウイルス対策の隔離に不満を持つ従業員が暴動を起こした。封鎖を破って宿舎外に出た従業員と、阻止しようとする警官隊が衝突。警察は催涙弾で鎮圧を図った。武装警察が工場に入ったとの情報もあり、23日昼間も衝突が続いたもようだ。
 台湾の中央通信社によると、会社側はコロナ感染を恐れて離職し、帰省する従業員に、賃金や交通費として計1万人民元(約20万円)の支給を約束した。従業員は実際の支給が約束と異なるとして反発し、22日夜、約1000人が抗議集会を開いたという。その後、防護服姿の警官隊との衝突に発展した。
 23日の夜明けとともに、従業員の規模は数千人に拡大。午前中には警察の阻止戦を突破した。午後に入り、応援の武装警察隊が反撃し、従業員は宿舎に戻ったという。従業員多数が負傷したほか、約40人が拘束された。
 ホンハイの鄭州工場では10月末から11月初めにかけ、コロナ感染を恐れて従業員多数が相次いで工場から脱出する騒ぎが起き、会社側は手当支給で引き止めを図った。その後、多数の従業員を新たに雇用したが、手当やコロナ対策の隔離に不満が高まっていた。 
 ホンハイの鄭州工場は鄭州航空港区にあり、米アップルの「iPhone」受託製造で世界最大。従業員は数十万人に上り都市並みの規模がある。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース