詳細
検索
期間

  ニュース     2020/11/25 20:01

中国:YMTCの3次元NANDフラッシュ、華為スマホ「Mate 40」に採用 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】清華紫光集団有限公司(清華ユニグループ)傘下のメモリーメーカー、長江存儲科技有限責任公司(長江存儲、YMTC)の楊士寧・最高経営責任者は20日、自社の64層3次元(3D)NAND型フラッシュが華為技術(ファーウェイ)の最新スマートフォン旗艦機種「Mate 40」に採用されたと表明した。電子工程専輯が24日報じた。
 YMTCは中国で初めて同製品を量産。独自のXtackingアーキテクチャを採用して、生産周期を20%短縮し、製品の性能を引き上げている。楊CEOは「YMTCが擁する技術は世界でも一流水準に到達した。次は生産能力の問題を解決するために、今後は中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)に生産を委託する」と語った。
 フラッシュメモリーの世界市場シェアは、首位サムスンが33.3%に上る。韓国・日本・米国勢で98.4%を占め、YMTCは現時点でシェア約1%の7位にすぎないのが現状だ。
 国内スマホメーカーはこれまで、フラッシュメモリーのようなコアデバイスは海外勢から調達してきたが、ファーウェイは今回、YMTC製品の採用を決定している。パワーマネジメントチップに関しても、広東希荻微電子有限公司(ハロ・マイクロエレクトロニクス)の製品を初めて採用した。米国による制裁で海外からの半導体調達が困難になった中、国内企業への切り替えを進める。国内サプライチェーンを育成する意図もあるという。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース