詳細
検索
期間

  ニュース     2020/10/19 19:59

中国:山東有研半導体材料、徳州シリコンウェーハ工場が稼働 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】半導体再生ウェーハ世界首位、RSテクノロジーズ(本社・宮城県大崎市、方永義社長)グループなどが投資する半導体シリコン材料メーカー、山東有研半導体材料有限公司が16日、徳州経済技術開発区(山東省徳州市)でシリコンウェーハと単結晶シリコンインゴット工場の生産開式典を行った。DRAMエクスチェンジが16日報じた。
 同工場は投資額18億人民元(約283億円)で2019年3月に第1期を着工。年産量276万枚の8インチウェーハ、180万枚の6インチウェーハ、300トンの直径12〜18インチのシリコンインゴットの生産ラインを設けた。
 第2期では12インチウェーハの生産工場を来年に着工する予定。全体の投資総額は80億人民元、総敷地面積650ムー(約43.3ヘクタール)で、中国北部で最大のシリコン材料プロジェクトとなる。有研科技グループなどの投資を得た。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース