詳細
検索
期間

  ニュース     2021/07/06 19:00

中国:700万円稼ぐ90後も登場、整理収納師の高給に注目 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】「整理師」や「整理収納師」と呼ばれる片付け専門職の高給ぶりが注目されている。最近では「90後」(1990年代以降生まれ)の整理収納師が話題。36日間で顧客12人から40万4700人民元(約694万円)を稼ぎ出した。このほか80後の整理収納師も、「基本的には月収1万人民元から、多ければ数万人民元規模」と収入額を明らかにしている。北京青年報が5日付で伝えた。
 「2020年整理収納師白書」によると、業界の年間生産額は1000億人民元に達している。収入の多い都市は広東省深セン市、上海市、四川省成都市、北京市など。今年1月から人力資源社会保障部が「新職業」として「家政サービス員」の下に創設したこともあり、日常生活に身近な職業に躍進した。中国国内の生活水準や市民の収入が向上するにつれ、今後は業界として成長する段階に入っている。
 企業情報検索サイト「天眼査」によれば、整理収納師に関連する中国企業は足元で130社を超えた。エリア別で最も多い広東省は、全体の37.6%を占める。これに浙江省、湖北省、北京市などが続いた。経済の発達に伴い、引越しや家政サービスの業務が増え、整理収納師の需要が高まりつつある。今後は企業や業界団体による標準規定の制定、職業技能研修が急務になりそうだ。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース