詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2022/08/09 18:00

中国:山東・河南で新種ウイルス発見、35人感染 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】中国とシンガポールの専門家チームがこのほど、人獣共通感染症の原因となるヘニパウイルス(HNV)の新種を中国山東省と河南省で発見し、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJN)にリポートを発表した。専門家チームは新種ウイルスを「Langya henipavirus(ランヤ・へニパウイルス)」と名付けている。澎湃新聞など複数メディアが伝えた。
 リポートによると、山東と河南の両省で35人が感染。うち発症者は26人で、全員が発熱し、一部は倦怠感、せき、頭痛、吐き気などを訴えている。
 専門家チームは、中国軍事化学院・軍医学研究院の劉イ・教授、シンガポール国立大学医学院の王林・教授などで構成される。王教授は「感染者の症状は致命的でも深刻でもない。警戒は必要だが、パニックに陥る必要はない」と述べた。
 ヘニパウイルスは、ニパウイルスと並んでアジア太平洋地区における新興の人獣共通感染症の原因の一つ。オオコウモリ(フルーツバット)が両ウイルスの自然宿主とされる。人、動物ともに深刻な症状を引き起こし、致死率は40〜50%に達するとの指摘もある。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース