詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2022/08/17 18:00

中国:7月都市部失業率5.4%に改善、16〜24歳は19.9%に悪化 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】中国の国家統計局は15日、都市部の調査失業率が今年7月に5.4%となり、前月の5.5%から0.1ポイント低下(=改善)したと発表した。うち16〜24歳は19.9%、25〜59歳は4.3%という水準(前月はそれぞれ19.3%、4.5%)。主要31都市の調査失業率は5.6%だった。都市部の新規就業者数は1〜7月の累計で783万人に上っている。
 李克強・首相は3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、2022年の政策目標を発表し、都市部の調査失業率を5.5%以内(前年目標は5.5%前後)に抑える方針を表明した。都市部の新規就業者数については1100万人以上(前年目標と同水準)を目指す。
 中国では過去に登録失業率のみ開示されてきたが、18年3月以降、登録失業率、調査失業率の2種類が公表される形に切り替えられた。調査失業率は全国調査に基づくもので、より実態に近い失業率を示すとされる。なお、登録失業率は21年末時点で3.96%だった。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース