詳細
検索
期間

  ニュース     2021/07/30 19:00

中国:電子情報産業の付加価値額20%増、上半期は半導体輸出44%拡大 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】一定事業規模を超える中国電子・情報産業の増加値(付加価値額)は、今年上半期に前年同期比19.8%増で推移した。伸びは前年同期を14.1ポイント上回っている。直近2年の伸びは平均で12.5%に達した。うち6月は前年同期比で13.4%拡大し、伸びは前年同期比から0.8ポイント加速している。工業和信息化部(工業情報化部)がこのほど報告した。
 6月の主要エレクトロニクス機器生産は、携帯電話が2.9%増の概算1億4000万台(うちスマートフォン0.6%減の1億1000万台)、パソコン類が30.9%増の4107万8000台、集積回路(IC)が43.9%増の3123億個など。パソコンや半導体が高い伸びを記録した。
 海外輸出の増加も目立つ。税関統計によると、今年上半期の主要エレクトロニクス機器輸出は、ノート型パソコンが48.2%増の1億1000万台、携帯電話が17.8%増の4億6000万台、ICが39.2%増の1514個などに達した。うちICに関しては、輸入が29.0%増の3123億個に膨らんでいる。



内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース