詳細
検索
期間

  ニュース     2022/01/25 17:59

北京冬季五輪でFCV1000台導入、水素ステーション稼働30カ所 会員限定

 2月4日に開幕する北京冬季オリンピックでは関係者の輸送車両として、1000台を超える燃料電池車(FCV)が導入される。これに併せて「FCV水素充填実証ステーション」30カ所余りが稼働する運びだ。FC…

会員限定 記事をさらに読むにはログインして下さい。

この記事は購読ご契約済のお客様のみがご覧になれます。
ご契約済のお客様は、お手数ですがログインしてからご覧ください。
まだ契約されていない方は、以下から購読申し込みまたは無料トライアルをご利用ください。

ログイン   購読申し込み (無料トライアル)

関連ニュース