詳細
検索
期間

  ニュース     2022/02/04 18:00

中国:春節連休当初4日間の旅客数、北京市は3%減 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】春節の連休を迎えた中国首都の北京市では、当初4日間(1月31日〜2月3日)の受け入れ観光旅客数が延べ394万1000人(「ユニバーサル北京リゾート」を除く)に達した。前年同期比で2.6%減少したものの、2020年同期比では2.5倍に伸びている。旅行・観光関連の売上高は3億168万人民元(約54億6000万円)に上った。前年同期比で7.5%減、20年同期比で3倍に拡大している。北京市文化和旅游局が3日に報告した内容として、中国新聞網が伝えた。
 主要エリアの観光旅客数は、王府井の42万人、前門大街の42万人、南鑼鼓巷の35万4000人、中糧・祥雲小鎮の16万7000人、楽多港假日広場の15万人、頤和園の13万5000人、天壇公園の12万6000人、北海公園の11万6000人、朝陽公園の10万1000人、玉渊潭公園の9万8000人など。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース