詳細
検索
期間

  ニュース     2021/12/20 18:00

中国:AIデータデンター設置加速、まず湖北武漢で稼動 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】中国の各都市で人工知能(AI)データセンターの整備計画が進展している。すでに20都市以上で公共AIデータセンターの建設計画、または建設構想が浮上した。中国科学技術部によると、AIは時代の変革をもたらす戦略的な新技術。経済や社会などに全方位の成長機会をもたらすという。経済参考報が20日付で伝えた。
 国家次世代AIイノベーション試験区に指定された湖北省武漢市も、多数の企業・組織・団体がAI技術の開発に注力している。科学技術部が投資を許可した全国15カ所のうち、最初の今年5月31日に第1期事業プロジェクトが稼働した。最大100ペタフロップス(1秒間に1秒間に計算44京回、理化学研究所・富士通・共同開発「富岳」の22.6%水準)の演算性能を擁する。
 華為技術のAIプロセッサーCPU「昇騰(アセンド)」数千個を投入し、世界最速のAI訓練クラスター「Atlas 900」を構築した。最大の演算能力はパソコン5万台に相当する。
 武漢市のAI関連企業は200社を上回った。中核的なAI産業規模は100億人民元(約1780億円)を超える。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース