詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2022/08/10 18:00

中国:チベットでコロナ感染22人、920日ぶり確認 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】チベット自治区当局は9日、同自治区の阿里地区で新型コロナウイルスの感染者22人が確認されたと発表した。同自治区で感染者が確認されたのは920日ぶり。当局は全住民に対するPCR検査を開始した。鳳凰網など複数メディアが伝えた。
 自治区当局はラサ、シガツェ、チャムドの3地区に仮設病院3カ所を建設し、約4000床を確保した。主に無症状者と軽症者を収容している。ほか病院7カ所をコロナ専用病院に指定し、重症患者と基礎疾患がある高齢者の患者を受け入れた。
 ラサとシガツェでは、すでに1回目のPCR検査が実施された。阿里地区では3回目の検査が進められている。阿里地区では、濃厚接触者ら601人が隔離施設に収容済み。
 ラサ市当局は9日の記者会見で、拡大中の新型コロナウイルスがオミクロン型の派生型「BA.2.76」であることを明らかにした。また、疫学調査の結果、ウイルスは自治区外から持ち込まれ、家庭の集まりを通じて拡散したとの見方を示した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース