詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2022/09/16 18:00

8月スマホゲーム収入、テンセント「王者栄耀」が世界首位キープ 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】インターネットサービス中国最大手、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)のモバイルゲームが引き続き人気を集めている。米アプリ分析会社センサータワーのデータによると、同社が開発した「王者栄耀(Honor of Kings)」の今年8月の課金収入は2億2200万米ドル(約320億円)に達し、モバイルゲームで世界トップを維持した。同じく同社開発の「PUBG Mobile」(中国版「和平精英」も含む)が1億5630万米ドルを売り上げ、世界2位に付けている。
 「王者栄耀」は課金収入のうち94%を中国本土で稼ぎ出した。同社は先ごろ、「王者栄耀」を2022年内に全世界のプレーヤーに向けて配信すると発表しており、これによる一段の収入増が期待されている。
 3位以下には、米哈遊(miHoYo)の「Genshin Impact(原神)」、キング・デジタル・エンターテインメントの「Candy Crush Saga」、ソニーの「Fate/Grand Order」などが続いた。モバイルゲーム全体の課金収入は今年8月に世界全体で66億米ドルとなり、前年同月比で12.4%減少。うち米国が28%に相当する19億米ドルを占めて首位となり、以下、日本が20%、中国が17.4%と続いた。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース