詳細
検索
期間
亜州リサーチFacebook公式ページ

  ニュース     2023/01/13 16:10

中国車メーカーが輸出強化、対ASEANは9カ月で32%増の114.4億ドル 無料記事

 【亜州ビジネス編集部】中国が自動車製品の輸出攻勢をかけている。統計によると、2022年1〜11月の海外輸出は、前年同期比55.3%増の278万5000台に達した。うち乗用車は57.8%増の225万1000台に上る。11カ月の輸出額は、79.3%増の3637億6000万人民元(約6兆9800億円)に拡大した。通年の海外輸出は、300万台の大台を一気に超える見込みとなっている。盖世汽車がこのほど伝えた。
 22年は東南アジア諸国連合(ASEAN)向けの出荷増が目立つ。中国税関によると、自動車製品の対ASEAN貿易は、21年が前年比39.3%増の160億7000万米ドル(約2兆800億円)に拡大した。うち輸出は48.9%増の120億2000万米ドルに伸びている。22年も高成長が持続した。昨年1〜9月の対ASEAN自動車製品貿易は、17.1%増の137億8000万米ドル。うち輸出は31.5%増の114億1000万米ドルに達した。
 各国のEV普及策を追い風に、長城汽車(GWM:2333/HK)や比亜迪(BYD:1211/HK)が販売戦略を強化している。長城汽車はタイ、マレーシア、ブルネイ、ラオスで販売実績を積み上げた。23年はベトナム、フィリピン、カンボジア、シンガポールを含めてASEAN全域をカバーする計画という。一方、EV世界最大手のBYDも、22年下半期からASEAN市場の開拓に本腰を入れた。同年9月、タイに乗用車工場を設置すると宣言。年産能力15万台で24年に稼働させ、タイを含むASEANで販売すると説明した。


内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

関連ニュース